GoogleのMapのライセンスに注意

  • GoogleMapsAPIで使うライセンス

    • GoogleMapは目的地までの距離やルートなどを画面上に簡単に表示してくれる地図サービスです。
      訪問したい会社やお店の位置を調べる場合などに使っている方は少なくありません。

      そしてGoogleMapには、実際に地図を使う側と運営するウェブサイトなどに貼り付けてそのウェブサイトを利用する人に対してルートに関する情報を提供する側の2通りの利用者がいます。
      この中でも、地図をウェブサイトに貼り付けて使うときに役に立つサービスがAPIです。

      魅力の高いGoogleMapのライセンスの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

      APIは地図サービスにアクセスしてくれた利用者に対して、より便利な情報を提供する目的のライブラリーで、GoogleMapsAPIには行いたいことを探し出すことが可能なAPIピッカーなども提供しています。

      地図をただ単にウェブサイトに貼り付ける他にもアクセスしてくれた利用者にとって、もっと便利で使い心地が良いウェブサイトなことをアピールすることが出来るようになるのです。


      なおGoogleMapsAPIを利用すると、どのようなことが可能になるのか、どうやって利用すれば良いのかを理解しやすく、まとめているのがGoogleの公式サイトになります。



      ちなみにAPIは無料で利用出来るものではあるのですが、アカウントを発行してライセンスを得ておいた上でAPIを使う場合に必要となるライセンスとして挙げられるのがAPIキーを取得することです。



      これらのライセンス自体は無償で得ることが出来ますし、テストを実施する場合にも必要になるので前もって取得しておくと役に立ちます。