GoogleのMapのライセンスに注意

  • ライセンスに応じてGoogleMapを使うには

    • 実店舗を展開している企業が公式サイトなどに高度な地図コンテンツを用意しておく事で、ユーザーはそのコンテンツを利用して企業の店舗を探す手掛かりにする事が出来ます。


      企業サイトには様々な情報を埋め込む事が多いですが、ユーザー向けの情報コンテンツの充実を図る事で集客効果を高めていく事ができ、売り上げアップを目指す事も出来ますので、地図コンテンツの導入は企業側にもメリットがあります。

      GoogleMapのライセンスに関する耳より情報です。

      GoogleMapは独立した地図サービスとして、インターネットに接続したパソコンやスマートフォンなどで使えますが、企業が自社運営サイトでGoogleMapで使える機能を使いたいのであれば、GoogleMapPlatformを使う事になります。
      これは従来の無償ライセンスと有償ライセンスを統合して作られた新しいサービスであり、一つのライセンスに統合された事で、企業は意識せずに使った分だけ料金を支払えば良いというライセンス体系になっているのが特徴です。



      新しいGoogleMapPlatformで出来る事は従来の有償ライセンスが持つ機能全てであり、航空写真は低画像のものが無くなって、高解像度の航空写真のみが使えるようになりましたので、多くのユーザーにメリットがあります。

      しかし、高解像度で利用出来るようになった一方で、無料で使える部分が従来よりもマップ表示回数が大幅に減っており、企業のように商用利用するのであれば、有料で使う事を前提で導入していく必要があるでしょう。