GoogleのMapのライセンスに注意

  • GoogleのMapのライセンスに注意

    • ホームページやブログで使用されている地図は数多く存在します。
      その多くは無料の地図サービスになるのですが、取り分け人気なのはGoogleが提供をする地図です。


      全体的に見やすい地図で、目的地だけでなく周辺施設の情報も確認しやすい特徴があります。

      GoogleMapのライセンスの情報を公開しています。

      また、ある地点から目的地までのルート検索がしやすい特徴もあり多くの場所で重宝しています。



      そんな魅了的である地図ですが、こんな地図を見たことないでしょうか。
      特定のポイントをクリックすると画像が表示されあり、予め特定の場所にマーカーが打ち込まれていたり、そういった地図を見かけたことがあると思います。

      実はGoogleマップはAPIと呼ばれる仕組みを使うことで使用しているMapに対してカスタマイズが可能なんです。他にも特定の距離にラインを引いたり、距離を測定したりできます。


      このような仕組みを使うことで、閲覧者に対してより多くの情報を伝えられるわけですが、注意しておきたいこともあります。



      このAPIの仕組みが使用されているGoogleのMapでアクセス数が多い場合ライセンスの購入を求められることがあります。
      故人が運営するホームページやブログであれば心配の必要はありませんが、商用目的で運営している場合はライセンスに注意したいところです。

      最悪の場合、Mapが使用できなくなってしまう可能性があるので、早めにライセンスについて確認をしておきましょう。
      サポートページなどが充実しています。